敏感肌と言えば乾燥肌、と言って過言ではないくらい、敏感肌と乾燥肌(保湿することも大切ですが、洗浄成分の強すぎる洗顔料を使わないことも大切です)の関係は深いものがあるのではないでしょうか。ちょっとした刺激を受けると過剰に反応し、肌がガサガサになったり、肌が赤くなったりといった肌トラブル(生活習慣やストレス、食べ物や化粧品などの他、急激な気候の変化なども要因になります)を起こしてしまう。これは、肌の水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)が減少して乾燥肌(皮膚の保水力が足りず、粉をふいたようになってしまったり、ざらついたり、荒れたりします)になってしまうと肌表面の角質層が薄くなり、外部からの刺激を受けやすくなってしまう事が原因です。つまり、敏感肌対策のスキンケア(毎日コツコツを行うことが大切ですね)を行う際には、肌が乾燥しないよう、充分に保湿をする事が大切だと言う事が分かりますね。保湿を行うためには、様々な方法があります。今では、保湿専用の化粧水(洗顔後に肌の乾燥を防ぐ目的でつけますね)やクリーム等が豊富に揃っていますし、メイク用品にも保湿効果の高いものがあるみたいです。また、保湿成分の中で最も保湿能力が高いと言われるセラミドが不足すると、肌のバリア機能を低下させると言われています。セラミドが配合してあるスキンケア商品(美肌、シワやくすみの除去など、配合されている成分によっても、期待できる効果が畭なります)を積極的に選択するようにしたいものです。ただ、何でも敏感肌(本来あるはずの皮膚のバリア機能が何らかの原因によって低下していて、外部からの刺激に極端に弱くなっている肌をいいます)のスキンケア商品(基礎化粧品ともいいますね)を使用すれば良い、と言うものではありません。肌の状態は人によって異なるため、肌が敏感な状態になっているケースでは、必ず使用前にパッチテスト(アレルギー反応が出なかったからといって、絶対にかぶれないかというとそうでもないみたいです)を行うようにしてくださいね。それから、肌の水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)を失わない為にも洗顔は大事ですね。汚れと共に肌に必要な皮脂までとり除いてしまう事のないよう、刺激の少ないせっけんを良く泡立てて優しく洗顔するようにします。洗顔の後は、肌の水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)が蒸発する前に速やかに化粧水などで保湿することにより、肌の乾燥を防ぐことができますー